前へ
次へ

医療期間でセカンドオピニオンを受けよう

近年、セカンドオピニオンという言葉を見聞きする機会が多くなりました。
セカンドオピニオンというのは、現在の担当医以外の医師に、診断や治療方針に関する意見を聞いて参考にすることを言います。
たとえば、担当医にがんと診断されて治療方針を提案されたけれど、どうすればいいのか迷っているときや、他に治療方法がないか知りたいときなどにセカンドオピニオンを受けます。
また、複数の治療方法を提案されたけれど、どれを選べばいいのか決められないときも、他の医師の意見は参考になります。
医療機関の多くは、セカンドオピニオンは予約制を採用していて、予約した患者さんのみに対応しているようです。
医療機関によっては2週間から3週間ほど待たされる場合もあります。
セカンドオピニオンを受ける場合は、あらかじめこの点を頭に入れておくとイライラすることがありません。
もちろん、納得のいく歯列矯正を受けたいときもセカンドオピニオンが役立ちます。
歯科クリニックの中にはセカンドオピニオンを無料で受けているところもありますので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

Page Top