前へ
次へ

20歳を過ぎたら医療機関で婦人科検診を受けよう

女性特有のがんの中で、近年注目を集めているのが子宮頸がんです。
罹患率が高いがんなので、20歳を過ぎたら定期的に検診を受けるようにしましょう。
子宮頸がん検診は、婦人科で受診することが可能です。
子宮頸がん検診は、問診と触診、細胞診が行われます。
細胞診は、専用のブラシやヘラなどで子宮頸部を優しくこすって、細胞を採取して行います。
力を抜いていれば痛みはほとんど感じませんし、短時間で終わります。
婦人科を受診することに慣れていない場合は、緊張して体に力が入ってしまいやすいですが、リラックスしていれば自然に力が抜けて痛みを感じませんので、子宮頸がん検診を受けるときは頭に入れておくとよいでしょう。
ちなみに、子宮頸がん検診は身近にある医療機関で受診できます。
医療機関の中にはあらかじめ予約が必要な場合もありますので、検診を希望している場合は電話で問い合わせてから来院すると安心です。
もしも費用が気になる場合は、問い合わせることで教えてもらえます。
あらかじめ細かな点まで確認しておけば、支払いの際に慌てることがありません。

幅広い歯の治療を赤羽からお届け
一般治療から矯正・インプラントなど幅広い歯科治療をご提供しております

本物の歯周病治療をお届け
永山の歯周病専門医がいる歯医者がご提供します

地域の皆様のために取り組む河合歯科クリニック
守山区の皆様の歯をお守りする歯医者です

予防治療中心の中川区の歯医者
虫歯や歯周病にさせない治療をご提供していきます

Page Top